平成28年1月から導入されましたマイナンバー制度が出会い系サイトの及ぼしている影響と、その影響をいかに有効活用していくかについて考えてみました。

【マイナンバー制度とは】

まず、マイナンバー制度についてご説明いたします。
この制度は国民一人一人に12桁の番号が割り振られ、税や年金、雇用保険などの行政手続に利用するという制度です。
この制度により税、年金、雇用保険などの手続に必要であった添付書類の削減により利用者である国民の利便性が高まるという大義名分がありますが、このマイナンバー制度は国民全員から税金を効率よく搾取するために、これまで野放しになっていた野良犬を首輪で繋ぐような悪法とも言われています。

【影響の範囲は】

一般的なサラリーマンやOLがこのマイナンバー制度により何か影響を受けてしまうということはないでしょう。
最も打撃が大きいと言われているのは、個人事業主や中小企業の社長などであり、これまで税務署の目を掻い潜りながら納税義務から逃れることができていた収入についても待ったが掛かることになります。現段階では、まだ影響範囲は少ないですが、今後平成29年7月から規制が厳しくなって参ります。タックスヘイブンと言われる国の海外口座に入金し納税を免れていたものに関しても凍結され納税義務が発生する可能性もあるほどです。
これは少し大きい話ですが、身近なところで申し上げますと夜の世界にお勤めの女性や、風俗関係に従事されている女性の方が影響を受けてきます。これまで彼女たちは無収入ということで申告し納税を行わず、お店から給与を手渡しなどでもらっていました。これがマイナンバー制度の導入によりお店側では女性に帳簿に記載されないお金を渡せないという事態が起こってきます。
納税は国民の義務ではありますが、こういった業界の方々は様々な事情を抱えてらっしゃるケースが多く一概に納税の義務を押し付けるわけにはいかないという観点から見て、彼女たちを不用意に追い詰めてしまう可能性もあると言えるでしょう。

【出会い系サイトがどう変わる】

これは私の体感レベルの見解ということですが、援助希望の女性の容姿レベルが徐々に上がってきていると言えます。
普段の仕事を聞くと「サービス業」としか言いませんので、恐らく夜の世界や風俗業界から流れてきた、もしくは兼業で出会い系サイトに収入の場を移行させているということと申し上げて間違いまりません。
これまでの援助希望の女性の中には、似ても焼いても食えない、どうしようもない容姿の女性が多数存在していましたが徐々に「こんな可愛い子が?」というお値打ち商品も出始めています。
例えばセフレの作り方・出会い方を徹底検証は出会い系でセフレの作り方を実験した記事のようですが、出て来る女性の顔のレベルが高いですよね。

結局的には止むに止まれぬ事情を抱えた女性であっても、容姿レベルが高いため夜の世界、風俗業界に従事できていたのですがマイナンバー制度に追われるように出会い系サイトに流れ、帳簿もクソもない現金を握り締めるようになっているのです。

【活かす方法は】

援助希望の女性の品質が向上しているということは市場の原理から考え非常に好ましい状況です。現状はご自身の適正価格がわからない女性が業界の「苺」や「諭吉2」の流れに乗って、同じような設定を行っているだけですので、今は狙い目だと言えるでしょう。コストパフォーマンスの高い美女に出会えることができます。
今後、正しい競争が起こり適正価格に落ち着き始めると、美女の値段はもう少し高騰すると考えられます。

(まとめ)

マイナンバー制度の影響は徐々に出会い系サイトにも広がってきていると感じます。上記でも述べましたが、現状はコストパフォーマンスの高い美女が多くなりつつあります。もう少し、この状況は続くと考えられますが、こういった女性たちの身の上話を聞いていると、普段はヤリ捨てを信条にしている私が少し同情してしまいます。
誤解を恐れずに申し上げると国が変われば援助も合法な国もあり、動物社会でも平然と行われている行為です。
余りにも風紀や人権に入れ込みすぎ、厳しく規制で取り締まることは逆に国民を苦しめるだけではないでしょうか?
程よく逃げ道を残しておくことで上手いサイクルが回ることもあります。
私はこういった女性たちの味方でありたいと考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *