組織や会社に所属していると、18歳~22歳位の学生と関わることが非常に少なくなります。
それは当たり前で、仕事メインで働くようになれば、学生の頃のように楽しく色んな人と過ごすというのは希薄になってくるものです。
また、組織自体に学生がいないので、より一層関わることが無くなります。
しかし、出会い系サイトを利用していれば、若い世代の意見を聞き入れて、自身に磨きを与えてくれるのです。
では、どういったことが該当するのかを、以下に解説します。

ファッションを知ることができる

学生から、今のファッションやトレンドアイテム等を知ることができます。
そもそも学生というのは、アパレル業界など一部の職業や人を除けば、ファッションに敏感な世代。
大学生や専門学生なら、毎日私服を着なければならないので、その分だけ身だしなみはしっかりとしています。

毎日私服を着ていれば、自ずとファッションセンスも社会人に比べたら長けており、オシャレに磨きをかけている人も多くなります。
そんな女子学生(女子大生)と出会い系で知り合えば、ファッションの知識について色々と教えてくれますよ。
中には「そこまで詳しくは知らない」と言う学生もいるかと思われますが、「学生内でどんなファッションを着ている人が多いか」「どんなファッションが好きか」を聞けば、ある程度は答えてくれます。

若者からの情報を聞き入れ、身嗜みを整えましょう。

不潔感の改善方法を知る

会社内にいる女性に「どんなところが不潔なのか」なんて聞きにくいですし、聞けるもんでもありません(セクハラの可能性も出てきます)。
しかし、出会い系で知り合った女子学生に聞けば、あれこれと教えてくれます。
また、不潔感を感じやすいニオイにおいても、どこが臭いのかも教えてくれるでしょう(筆者は実際に女子学生とドラックストアへ行き、口臭ケアとデオドランド系のものを購入しました)。実際に聞くとショックですが(笑)
特にポイントなのが、学生というところで、これが同年代に近い人(30代あれば20代後半~30代辺り)には非常に聞きにくいですし、聞いても教えてくれない人が多いです(事前に改善しておけという視線を送られる確率が高い為)。

組織内ではなかなか聞きにくい不潔感について。
女子学生はストレートに言う人が多いため、正直グサっと来ますが、自身の清潔感アップにも聞いて見ましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *